前へ
次へ

離婚裁判はいくつかの注意点がある

離婚のやり方というのもいくつかあります。その一つとして裁判があります。離婚調停においてできなかったので、次は裁判、となるわけです。離婚裁判というのは、あくまで最終的に行うものになります。離婚裁判では訴えを出す側は原告と呼ばれるようになります。そして、訴えられたときには被告と呼ばれることになります。裁判というのは裁判の内容も第三者に公開されることになりますから、これは注意しておきましょう。ですから、裁判にはしたくない、ということもあったりするわけです。それが嫌でなんとか調停で、と考える人もいるわけです。それはそれで選択肢としてはよく行われることです。また、離婚裁判ですが原告にまったく非がない場合のみ、訴えを起こすことができるようになります。逆に非があるほうが訴えるということはできないようになっていますから、注意しておきましょう。また裁判ではありますが別に弁護士に依頼しないといけないわけではないです。

Page Top