前へ
次へ

離婚裁判のとき弁護士に相談をする費用

今まで自分が裁判所に行くはずがないと思っていた人でも、あることをきっかけに裁判をしなければならないことがあります。その一つが離婚裁判と呼ばれるものです。特に事件などを起こさなくても離婚裁判として自分が当事者になり参加する場合には、裁判所に行かなければならないこともあるでしょう。もし自分が訴える場面ならば、この時自分が当事者になると言うよりも弁護士が当事者の代理人となり争う形になります。そのため、絶対ではありませんが可能な限り弁護士を雇っておいた方が良いといえます。弁護士を雇う場合には、まず相談からスタートしますが最近はこの相談料金が無料になっていることがほとんどです。何故かと言えば、相談をするときにお金をとってしまうと、顧客がなかなか来ないからです。そのような理由から、初回の30分だけは無料になっており2回目からは30分5000円と言う形でお金を取るのが基本です。このように相談だけでも良いので裁判の前にしておきましょう。

Page Top