蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判の時の着手金はどうか

これから本格的に離婚をするとなれば、中には離婚裁判に発展することも考えられます。
離婚裁判に発展する場合には、一体どれぐらいのお金がかかるのでしょうか。
実は裁判所に請求する場合でもそれほどお金はかかりません。
せいぜい10000円から20000円程度でスタートすることが可能であります。
しかしながら、実際に裁判所を利用する場合は自分が法廷に立って争うわけではありません。
おそらく素人が法廷に立ったとしても、大した事は言えないでしょう。
相手が弁護士を用意している場合には、確実に負けると思って間違いありません。
それならば、訴えた自分のほうも弁護士を用意するのが基本になります。
離婚裁判で弁護士を用意する場合には、まず着手金と呼ばれるものを払う必要があります。
これはわかりやすく言えば、契約をするときに払う費用だと考えてください。
この着手金は、法律事務所によっても異なりますが100000円位になることが多いです。

Page Top