前へ
次へ

不倫から離婚裁判に至るまでの流れ

世の中には夫婦関係がうまくいっておらず不倫をするような人も出てきます。
芸能人などでも不倫をすると一方的に叩かれますが、実際には不倫をされる方でも全く原因がないわけではありません。
ただ倫理上不倫は良くないとされているため叩かれる傾向があるわけです。
裁判所まで行ってそこで慰謝料請求をすることになる可能性は否定できません。
大抵の場合は離婚をするときに慰謝料請求をする形になります。
ただ離婚の慰謝料請求をする場合には、証拠が必要になるでしょう。
そしてその証拠は裁判所に提出することで証拠としての価値があり慰謝料請求が可能になるわけです。
つまり離婚裁判になった段階では、証拠を用意しておかなければならないでしょう。
離婚裁判の証拠に関しては、普通程度のものではなく証拠能力を持ったものが必要になります。
証拠能力とは、証拠としての価値があるものを意味しているわけです。
例えば不倫をした場合でも不倫をしている配偶者と別の異性が歩いているだけでは不倫したとは認められません。
確かに怪しいことが怪しいですが、それだけでは慰謝料請求をする根拠にはならないわけです。
そこで弁護士としては、証拠を見つけてくるわけですが、大抵の場合弁護士自身がカメラやビデオなどを持って証拠をとらえることをせず、専門の探偵に任せることになります。
もしそこで証拠を捕まえることができれば、いよいよ離婚裁判がスタートできます。
裁判ではドラマのように弁護士同士が熱い戦いを繰り広げるわけではありません。
これはドラマだからそのような設定になっているだけで、実際にはもっと冷静に行われます。
例えば両方の証拠を提出し裁判官がどちらの証拠が有力かを判断した段階でほぼ判決が下されると考えたようです。
不倫をした方の弁護士も、決定的な証拠が出てきてしまえばそれ以上どうすることもできません。
この場合には慰謝料請求の判決が下されることになり裁判が終了する流れになるでしょう。

清掃は一度では終わりません。お客様のニーズに合わせた高品質の清掃を行う対応力で長くお客様をサポートします。
いつも過ごす場所や、人の出入りがある場所を常に清潔に保ちたいならダイキチカバーオールに相談しよう。

お客様に安全・安心の空間を提供するバリア24
当社が使用するバリア24plusはコロナウィルスにも効果があるという試験データがあります。

清潔な空間でお客様の暮らしをサポート
衛生的な美しい空間で毎日過ごせば、心も淀まずストレスフリーな生活がきっと送れるでしょう!

腕にオシャレな刺青を入れるならおすすめのお店を知っています
DH TOKYO TATTOO WORKSなら確かな技術でクオリティの高いタトゥーに仕上げることができます

複数の銀行とのパイプがあるのでおすすめ!
複数の銀行とのパイプがあるので、様々な銀行へ融資やローン交渉などを行えます。

Page Top