前へ
次へ

離婚裁判でどの程度勝ち目があるか

不倫をして離婚裁判に発展する場合には、証拠が命になります。不倫をしている時の証拠を提出することで、確実に離婚裁判の中で不倫が認められるでしょう。結果的に、慰謝料もらうことができるのは言うまでもありません。しかし、よく考えれば不倫をしたことにも何らかの原因があるはずです。よくあるパターンとしては、妻が夫と性行為をしなくなってしまったため夫が不満を漏らして妻を避けるようになり不倫相手と寝たとします。これは夫のせいだけではないといえます。もちろん最も悪いことはありますが、妻も夫に対して配慮が書いていたとも言えるかもしれません。このような場合、一方的に夫が悪いというのもおかしな話しです。これを慰謝料請求の時に神できないかといえばあまり加味されないことが多いです。残念な話しですが、何より不倫行為をしたこと自体に問題があるのであり、その原因がなんであろうと不倫行為をしてはいけないことが理解できるでしょう。ただ、相手方も不倫をしていた場合などの事柄があれば、慰謝料請求ができないことも考えられます。

Page Top