前へ
次へ

離婚裁判で弁護士に払う着手金の意味

離婚裁判を考えている場合には、お金を用意しておかなければなりません。どこに支払うお金かと言えば、裁判所に支払うお金ではありません。もちろん裁判をする以上は裁判所に対してお金を支払うことになりますが、その額は10000円から20000円程度になるため、それほど大きな出費にはなり得ないでしょう。しかしながら、弁護士を利用することがほとんどになりますのでその弁護士に対してお金を払うわけです。弁護士を利用したことがない人は、一体どれぐらいのお金を払ったら良いのか戸惑ってしまうこともあるでしょう。きっとすごい大きなお金を払わなければならないと考えているかもしれません。実際に離婚裁判で支払う弁護士費用は、まず着手金と呼ばれるものがあります。着手金とは専門用語で普段聞きなれないかもしれませんが契約をするときに支払う費用だと考えてください。それ以外には、交通費等を支払うことも考えられます。着手金は、概ね50000円から100000円になることが多いです。

Page Top